ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2014.08.25 Monday

連作#04 夜明け前が一番暗い /完結

森瀬ユウさんとの連作コラボ、遂に完結です。

http://jaguar.moo.jp/-/

公開ページを最終形に更新しました。四作を総括するエピローグとタイトル付き。
アルバムタイトルを一新した音源とインスト版もzipにまとめましたので、どうぞお手元に置いてくださいね。


第四作「夜明け前が一番暗い」について

二作目と同様、この曲は森瀬氏が歌唱を担当しています!(ネタバレ)
たくさんのテイクの中から一番伝わるものを選んだつもりです。お聞きあそばせ〜。

最初タイトルだけいただいた時は「なんて暗いタイトルなんだ!」と戦慄しましたが、出来上がってきた原作を読んで森瀬氏の意図がわかったので極力そのままの物語を音楽にすることを選びました。
「平均台」とか、普段は絶対に選ばない語彙につけたメロディが意外とハマってくれたり、曲調はゆるやかですが発見の多い曲でした。
ほとんど原作そのままの箇所があるかと思えば突然切迫したように省略の連続になったり。夜な夜な眠れない理由を考える時ってこんな感じだなぁと思いました。
ワンルームの冷たい床と窓だけが世界との繋がり。そんな小さくて個人的な物語を音に乗せてお届けできていたらいいなと思います。
ラスト一行は一番大事な部分をあえて省略したので、是非原作を読んでその言葉を噛み締めてください。
ちなみに私個人は見えない遠くの星に思いを馳せることはないので、曲の出だしでその疑似体験をしてみました。いかがでしょう。

今回のコラボはこの四作で完結です。
ここでちょっとしたコンセプトとネタばらしを⋯⋯。
続きを読む >>
2014.08.21 Thursday

連作#03 ほたるが丘で待つ

森瀬ユウさんとの連作コラボ、三週目となります。

http://jaguar.moo.jp/-/


第三作「ほたるが丘で待つ」について

この作品にはちょっとした仕掛けが施してあります。
是非原作を目で追いながら聴いてください。曲がそのヒントになります。

「ほたるが丘で待つ」は原作を書いて頂く前に出したタイトル案の中の一つでした。
「ほたるが丘」という世界観について、私は最初からある程度明確なビジョンを持っていました。丘の上でひたすら流星群を待つような、半分ファンタジーな世界観。
以前別所で紹介していた「Crying star」は似たようなビジョンで書いた曲で、星が降ってくる感じをギターで表してました。反響とか奥行きとかディレイとか、シューゲイザーに近い音が合うみたいです。
今回の曲も最初はエレピとギター、ベース、ドラムトラックの編成でしたが途中で変えました。その編成でやろうとしていたことをそのままピアノに落とし込むのは難しかったので、最終的には新しい解釈でピアノでしかできないことをやることにしました。
ちなみに今回の場合は目を閉じると星が落ちてくる、という裏設定。ギリギリまで迷ったけどイントロ切ってよかった。

次回はいよいよこのコラボが完結します。
毎週木曜に更新してきましたが次回に限り、前倒しで25日(月)になりました。
四作揃わないと書けないこともあったので、次回の記事は盛りだくさんな内容かもしれません。お楽しみに!

デモを見つけたのでおまけに貼っておきますね。

2014.08.14 Thursday

連作#02 影踏み

森瀬ユウさんとの連作コラボ二週目です。

http://jaguar.moo.jp/-/


第二作「影踏み」について

森瀬氏、初の歌声披露の回でございます(ネタバレ)。
自分の歌ったデモとは全く違う空気感と伸びやかな声で作品を彩ってくれました。

詞・曲に関しては原作の一文目で提示される主題をあえて隠すという手法に出ました。
曲を聴きながら原作を目で追っていただくとわかると思うんですが、あまりに飛び飛びなんですよね。公開順では二番目ですが一番最初に原作を頂いて作り始めたものなので、制作の手順もかなり実験的でした。
曲を作る前に詞を2パターン書いたり、後から全く違う曲をつけてみたりしたのはこの作品だけですね。
原作を上から下へと読んでいった時に得られる物語の軸にあえて触れず、一番大切なことを書かず、ニアミスの連続で詞を構成していく。前回お話しした「省略」とは全く違うアプローチでした。
実はそれが今回の連作の原点みたいな概念だったので、四作揃ったらお話したいと思います。

今回コラボさせて頂いた全ての作品は、原作と曲の二層構造です。是非体感してくださいね。

次回は「転!」
折り返し地点の作品にご期待下さい。
2014.08.07 Thursday

連作#01 おわりのあしおとがきこえる

九ヶ月ぶりの新作です。月遅れの七夕です。
前回に続き森瀬ユウさんとのコラボ企画が始動です。これから四週、公開ページに一作ずつ上げていきますのでお楽しみに。
プロローグがあるのでまずはページに飛んでみてくださいね。

http://jaguar.moo.jp/-/


第一作「おわりのあしおとがきこえる」について

原作を書いて頂くにあたりこちらからもいくつかタイトル案を出しました。これはそのうちの一つで、なんとなく語感のいいものをと並べておいたら物語になって返ってきたという。
その時系列を崩さず物語の一層上をなぞる、というのが今回私の取り組んだことでした。
こうやって作品について語る機会というのは(完成させて)人前に出さないと得られないものなんですよね〜。いざとなると戸惑いますね〜。
過去記事見たら作品の音楽性とかじゃなくて作る行為そのものに言及しているものばかりで笑いました。でもまあいいか、言葉で説明できちゃう音楽なんてつまらないし、説明できない部分に真剣に取り組んだってことだから。
ちょうど一年前の記事では「水をイメージしたピアノを書こうかな」とか言ってて「そんなことできるんかい!」と目を丸くしました。今はそういう漠然としたこと、できないので。

関連した話というか、今回の制作をして気付いたことが一つあって。今日はライナーノーツの代わりにそれを書いておこうと思います。
日本語の乱れを嫌う人がよく「全然大丈夫ですよ」とかいう言回しを嫌うって話があるじゃないですか。でもそれってすごく上からの感覚で、どうしてそこに「全然(構いません。)大丈夫ですよ(、気にしないでください)」って言葉が省略されてるって思えないんだろうなってモヤモヤしてたんです。それこそみんなが大好きな「ありがとう」だって「(こんなことは滅多に)有り難う(ございます)」なんじゃないのかなって思います。
歌詞というのは実はそういう破綻した日本語がある程度許される特殊な環境なんですよね。音の力を借りて文の区切りが曖昧になったりするので、解釈次第という状態に持っていくことが自然にできるんじゃないかなぁ。
私は言葉の乗る曲を作る時に省略を多用します。好きなんですよね、書いてない部分とか言ってない部分に生まれる余白が。それを全部埋めちゃうと想像の余地を奪ってしまう。
そもそも音楽って抽象的じゃないですか。音楽でやってるバランス感覚を損なわないように言葉を選ぶ。というか、そういう言葉が選ばれる。
自分ひとりで制作をする時はアレンジもメロディも詞も、全てが同時に立ち上がってくる。部分的にですが、その作品のエッセンスみたいなものが。
それをそのまま形にすることは難しいということがここ数年で痛いほどわかったので、自分がそのアンプになろうと思いました。イメージのトレースではなく、増幅。それは嘘を形にすることではない。そう思えるようになってきました。
昔は本当にエッセンス以上の熱量で天啓のようにイメージがもたらされていて運が良ければ一瞬でそれを作りきってしまえたので自分のことを天才だと思っていました。天体の音楽を聴いているだとかなんだとか。
話が逸れましたが、大抵の場合、省略した部分の答えが作者の口から語られることはないのです。だから人によっては目の前にある音楽がそれ以上の広がりを持たない。
今回は原作にそれがそのまま書いてあるので合わせて楽しんで頂けると曲だけの時とはまた違った面白さがあるかなと思います。
「余白を受け入れろ!」が今年のテーマですね。もう半分以上過ぎてしまいましたが……。

あとは、次回予告ですね!
これだけ熱く省略について語っておきながら、次回公開予定の作品は全く違うアプローチで作っています。四作とも試行錯誤の実験作なので、その辺りのお話をできたらいいなと思っています。
2013.10.26 Saturday

コラボアルバム「シンシアリー」公開

新作です。
今回は森瀬ユウさんとコラボさせて頂きました。6曲入りのミニアルバムです。
WEBブックレットになっている特設ページはこちら。ページ左のタイトル部分からzipで音源がダウンロードできます。

http://jaguar.moo.jp/sincerely/

あまり作品を公表していないのとRPG曲集なんかで遊んでいたせいで今まで曲を聴いてくれていた方々はびっくりするかもしれませんが、1年半前くらいから楽曲に自分の声を使うことにしていて、今回はその流れで初めてのまとまった作品になりました。

森瀬氏は会うと何か創りたくなる呪いをかけてくるお人なので(失礼な)、夏頃にお会いした時に勢いでコラボのオファーをして、その後詞や曲のやりとりをしました。
アルバムを作るにあたって当初3曲ずつ詞先と曲先で作ろうという話になっていたのに、私が最後の1曲を決められず…急遽、詞先4・曲先2の構成にしてもらいました。その節はご迷惑をおかけいたしました。
しかしその分、アルバムとしてまとまりのあるものに仕上がったと思います。
一度通して聴いて、どれが詞先か当ててみてください。なんとなくわかるはず。答えはこの先のセルフライナーノーツで。


01
何気ない書き出し

02
誰もいない街で、思い切り空気を吸い込む

03
昔の言葉が追い風のように背中を押してくれる

04
波の音にのまれていく

05
穏やかでそれでいて取り戻せないもの

06
手紙には書けなかったこと


正解は太字の番号の曲が詞先、細字が曲先でした。
音源をダウンロードして聴いて欲しいので、あえて曲名は伏せトラック番号で表記しています。クロスフェードも作ったけど公開しないことにしました。
森瀬ユウ氏とのコラボはこれで三度目。だいぶ肩の力が抜けてきました。イージーリスニングを目指して曲作りをしていたものの私の歌い方のせいか若干イージーではなくなってしまったので、またいつかリベンジしたいですね。その時はまた、詞先で。笑
2013.08.17 Saturday

RPGs:クレイドルフの庭

ここ最近書いていた仮想RPG曲をzipにしてまとめました。雑な仕様ですみません。
このままiTunesで開いても曲順無視して入ってしまうんですが、50音順で業務的に並ぶセットリストも聴いてみると悪くないかなという感じです。カタログみたいで。でもファンファーレ二回はうざいな!

RPGs:クレイドルフの庭
こちらからダウンロードできます

 仮想RPG曲集「RPGs:クレイドルフの庭」

 01. はじまり
 02. バトル
 03. 勝利
 04. クレイドルフの間
 05. 洞窟
 06. 取り残された街
 07. 賑やかなる聖都
 08. ボスバトル
 09. 勝利鵺
 10. フィールドマップ
 11. 雪山
 12. 教会
 13. ボスバトル鵺
 14. 廃墟


一応こんな感じで曲順決めてあります。

いやー前回第三章いっちゃう? みたいな話してたけど欲張るとだめですね。全く書けなくなりました。いつもいつもどこまでいけるかマラソンみたいな感じで制作してるのでまとめどころを失う。でも今回は他の曲を作る手慰みにzipにまとめる用の編集を少しずつしていったので割と計画的なほう。
1週間で作って2週間放置した感じですね。いやラスボス曲とか書いてたんだけど。全然広がらなくてやめてしまった。
というわけで割と自分が聴きたい曲しか入ってないです。当たり前だけど。ここから先作ろうとすると聴きたくもない曲書かなくちゃいけなくなってくるから。今回はその壁は越えずにやめてしまいました。
あと、自分っぽい世界観でまとめたいとか欲が出て来てしまってだめだった。そんなものはいいから、人に「あーRPGね、わかるわかる」って言って欲しいだけだったんだから、凝ったタイトルとか意味付けとかしないほうがいいだろうって結論になった。人が想像する部分を勝手に塗りつぶさないってのも一つの方法だなと思いました。
なのでたくさん、たくさん妄想して頂けると嬉しいです。景色を描くもよし、空想のキャラクターを動かすもよし、作業用BGMに一曲だけリピートするもよし……自分だけじゃなくて誰かにとって意味のある曲になっていけたらいいなと、おこがましいながらも願います。

今回ラスボス曲書けなかったので、今度はそれを克服するためのラスボス曲集とかやりたいですね。勝手に。勝手なのがいいんだ。
トランスやれよとかシンセ使えよとか言われてるのをやってみようと思ってるので音ゲ的な感じになるかもしれない。リズムセンスないんですよね。困ったら32分刻みます。笑
2013.08.05 Monday

仮想RPG曲集(3)

短いのと修正版含めて6曲増えてます



10.ファンファーレ
まあ作ってみようかなという気になった。RPGですね〜という感じ。11拍分の長さなので勝利のモーション入れないとちょっとうざい長さかもしれない。個人的にはファンファーレはすぐ終わってサクサク進んでいけるのが好き。
このあたりから曲順考えつつ合間に入れる新しい曲書いていってるのでsoundcloudのプレイリストで聴くとあんまりしっくりこないかもしれない。

11.フィールドマップ
クレイドルフの間のアレンジ版。途中でフルート入ってきてほしくなったから入れた。原曲よりまろやかで聴きやすいので好きだな。むこうはやっぱり石畳の個室で音が反響してる感じがするし、神秘的な分少し冷たい。イメージも青だった。こっちはうぐいす色の綺麗なマップとちらちらと光る黄色みを帯びた光のイメージ。

12.教会
最初はオルガンの音色で作ってたんだけどやっぱりうるさかった……。ベロシティ効かないし。でもその成果はあって、汚い和音を入れるとすぐ音が濁るのでピアノで作り始めるより格段に選択肢が減った。教会のパイプオルガンで演奏されるような曲を作る人達はきっとこういうこと気にして曲を書いてたんだろうなと思った。
後から音源をピアノに変えたらそれでもガチャガチャうるさかったので思いっきりマイクを離して輪郭をぼかしてみた。遠くで鳴ってるピアノの音が意識すれば聴こえる感じというの、結構好き。これならシスターが小声で何か喋ってくれても聞こえるしね。

13.ファンファーレB
こちらは8拍で終わるファンファーレ。ピアノでラフを書いてそこから楽器つけていくのが難しくて一度投げ出したけど一日置いたらなんとか書けた。こっちのほうが好きかな。短いから。

14.洞窟 ver.2
通して聴いてたらこれだけどうしてもつまんなくて好きになれなかったのでキーを二つ上げてピチカート入れてみた。ピチピチ。鍾乳洞みたいになったな。
これ作ってて思ったけど圧倒的にイージーリスニングな曲が好きなことがわかった。バトル曲とか聴きながら考え事できないのがなんだか音楽聴くのに時間使ってる感じがして癪だなと思う。
あと自分は音楽じゃなくて空気を聴いてるんだなって思った。それこそ反響の仕方とか。過度にメロディアスだと恩着せがましくてイライラする。今回も自分でもイライラする曲結構たくさん書きました。元気なときはいいんだけど、元気がなくても聴きたくなる曲はいいな。

15.廃墟
はい安いドラム入りました。でもこの単純な感じが結構好きかな。このウィーンウィーンいってる音が考えてた機械的な廃墟のイメージに近かったのでとりあえず歪ませたドラムを入れて、あとは上からピアノ弾いてみようかなって感じになりました。
上のフィールドマップ曲を書いた時点であとラスボス曲とエンディング曲の二曲で終わりにしようと思ってたんだけどそれがどうしても書けなくてだらだらと違う曲作り続けてる。でもこの曲書いてなんとなく気持ちが解れて第三章行っちゃう? みたいな雰囲気になったのであと2曲くらい増えるかも。

それにしても暗い曲多いね。次はまた水をイメージしたピアノを書こうかな。
2013.07.28 Sunday

仮想RPG曲集(2)

前回の記事から4曲増えてます おぼえがき



06.中ボスバトル曲
錯乱系のボスが出てくるイメージ。得体の知れなさからくる不安感をうねるベースラインの旋律で出してみた。突然ピアノ弾きたくなったから途中で入れたんだけどここだけちょっと理性戻ってきた感ある。そしてまた錯乱する。
聖獣とかが暴走して魔物化したんだろうなって感じ。他のバトル曲と違って気高さも出たらいいなと思った。本編中では5,6回聴ける感じの曲かな。
ここまで戦闘曲3つ書いたけど次あたりラスボス曲になっちゃうのかなぁ。

07.取り残された街
激しいのとしっとりなのを交互に書くと調子がいいようなのでまた手慰みに。途中で拍子変わってて自分でびっくりした。上手く戻せなかったのでリピートつけるときにもうちょい伸ばそうと思う。
怪物級の魔物のせいで中心地に行く道が途絶えちゃって商人すらやってこない僻地なんだけど、そこに住んでる人達はみんなそれすら神の悪戯と思っていて、祭壇にお供え物をしながら自給自足で生活している。よそ者の主人公に対してもよくしてくれるんだろうな。

08.聖都
人が多いのなんのって。色んな店が並んだ城下町。人々の足取りは軽やかで、どことなく聖都に住む誇りを感じさせる。
聖都○○みたいなタイトルにしたかったんだけどいいのが思いつかなかった。ブエナビスタとかいいよね(馬)。王様感は少し軽減させておいた。街はみんなのもの。
この曲だけリピートつけてフェードアウトしてる。他の曲もこうやってある程度の長さ出して整えてから完成形として出したい。その頃には聖都にも名前がついてるかな。

09.雪山
またピアノソロ。書き始める時に深海にしようか雪山にしようか迷ったけど気分で雪山に。今まで雪をテーマにした曲は何曲か書いてきたけど今回のが一番好きかな。半音ぶつけて高音域で4分音符続けてればまあ雪が降ってるっぽくなりますよ。と思ったのでそれは最初のほうで切り上げてずっと上まで伸びていく山道のうねりと突然強くなったりする吹雪の描写に切り替えました。左手のパートと右手のパートが所々交差しそうになりながら半音でぶつかったりするのはかなり自然現象っぽさが出るので好き。

15曲くらい書いたらzipにしてまとめてアルバムとして配布しようかなと思っている。
2013.07.25 Thursday

仮想RPG曲集

突然作りたくなったので 随時追加していく予定



01.タイトル画面
なんとなく聴きやすい旋律って何かなって思ったらフルートになった。合いそうだったのでバックはピアノで。
PS3起動すると白背景に装飾的な題字が浮かんでタイトル画面になる。セーブデータを選んでゲーム開始、って所まで流れてる曲。

02.バトル曲
通常バトル、雑魚キャラ戦。この様子だと最初のバトルはきっと近所の草むらですね。
それにしても剣技のSEだけじゃ保たなそうなBGMなのでびゅんびゅんキラキラ魔法バトルしてほしいです。
でもパーカッションの感じとかがちょっと城の兵隊っぽいので牢屋から逃げる設定でもいいですね。
その場合は敵の兵士に火器を持たせてそのSEで派手な感じが演出できるかな。

03.クレイドルフの間
これだけタイトルが浮かんだので付けておきました。青く光る魔法陣のある部屋に建っているきれいな髪の長い女の人の像。そこは彼女の名前にちなんでクレイドルフの間と呼ばれているらしい。

04.ボスバトル曲
初めてのボス戦。3ターンに一回くらい回復薬を使う感じの。この「あ〜……勝てるな〜」感が大事じゃないですかね、中ボス戦っていうのは。ほんとはもっとノリノリにしたかったんだけどちょっとマント翻してる感が出てしまってあれですね。たぶん敵キャラはライオン系の猛獣です。
一番低いパートを主旋律にしてるのはちょっとボスっぽいんじゃないでしょうか。小物の。

05.洞窟
手慰みにピアノソロ。ここまで一日で書いてるのでそろそろ疲れてきました。昔からアルペジオが好きだったのですが油断すると同じフレーズを色んな所で使っちゃうので今回は意図的にそこから脱出しようと考えながら弾きました。一音違うだけで全く表情が変わってくる。そういうのが楽しいのかもしれない。6/8拍子なのですが5拍目と6拍目をオクターブ差にしてあります。面白い表情が出たなと思います。最後の二音でコード感を作らないぞみたいな、ディレイ効果しかないぞみたいな。技巧的なこと語るとかくそ珍しいですね。気分です。
ラストのぼーん、ぼーん、ぼーん……って和音は私の虚脱感の表れな感じがします。

気分で音楽作るって楽しいな。
2013.07.06 Saturday

ネコの集会 -AnnyMIX-

もともと1周年記念に出す予定で作っていたもの。原曲と歌詞はこちら

いじりすぎてわけわかんなくなって出来はよくないけどせっかくなのでご供養だと思って出すことにしました。
何時間も聴き続けるにはちょっと疲れる曲です。最初はおもちゃ箱のイメージだった。夜そのものじゃなくて夜に部屋の中でひっそりとあける秘密のオルゴール箱のような。かちゃかちゃしたかった。ピアノをもっと安っぽくしたほうが正解だったかな。ちょっと噛み合わない。
こんな風にいっぱいいっぱいで色んなものが削げちゃって勿体ない潰し方をした曲がたくさんあって、あまりに悲しいので聴く気にもなれなかったんだけどそういう未完成品を少しずつ完成させていこうかなと思った。何年も眠らせておくより今作り終えて、数年後に底力がついて新しい解釈ができるようになったら別アレンジを作ってやればいい。そう思ったことは今まで何度もあったけど、そういう気持ちもすぐにしぼんでいった。今度こそって思う気持ちもあるけどそれはここにとりあえず書き留めておいて、あまり気負わずにやろうと思う。
今回の音源はdemo38。だいたい30超えると失敗したなと思う。30超える前に出せない音源は失敗してる。息が絶えている。demo100まで行く頃にはマシになってるだろうって思うんだけど、だいたい30超えたあたりで止まる。止まってしまう。

とまあそんなことはどうでもよくて。
この曲が人の耳にどんな風に聴こえるかはわからないけど、この世に生まれてきた意味をそこで獲得できますように。私にはもう見えなくなっちゃったけど、最後のフレーズで夜明けの色が見えたらいいなと思う。


Powered by
30days Album